2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Counter

ビジター

« 秋鮭と椎茸の和風ピラフ | トップページ | パンセミナー(17) »

フルーツケーキ

11231

巷ではもう、とっくに新米が出回っておりますが…

我家のお米は完全天日干し。
刈った後に稲の茎に残った養分がお米一粒一粒にいき渡って完熟するまで、じっくり天日にあてるのでいつも少し遅くなるのです。

とはいえ自分で稲刈りしているのではなく、叔父宅に夫名義の田んぼでの飯米栽培をお願いしているのですけれど…bleah

毎年11月初旬には連絡あるはずが、月半ばを過ぎても何の音沙汰もないので少々心配しておりましたところ、昨日ようやく田舎の叔父から「今年の新米やっと準備できたよ~」と連絡があったので、本日早々に田舎へGO!run

田舎の奥様方はいつも手料理やお漬け物などを持ち寄ってお茶飲み会をすると言う事もあって、今日はお土産にフルーツケーキを持参する事にしました。
昨日のお昼に焼いて1日熟成したけど…まだちょっと足りないかな~sweat01

フルーツケーキ】(20×8×H6(cm)型1台分)

(材料)

  • 無塩バター … 100g(指で押して簡単に跡がつく位柔らかくしておく)
  • グラニュー糖 … 100g
  • 卵 … 100g(ボールに割り入れほぐしておく)
  • 薄力粉 … 100g(1度ふるっておく)
  • BP … 1g
  • レーズン … 60g(ラム酒で1週間以上漬け込む)
  • ドライクランベリー … 30g(ぬるま湯に1時間程漬けて柔らかくする)
  • ドライマンゴー … 30g(細かくカット)
  • くるみ … 30g (180℃-10分空焼きした後ざく切りにする)
  • ラム酒 … 大さじ2
  • シロップ …(水大さじ2+グラニュー糖大さじ1を火にかけ煮溶かす)

(作り方)

  1. オーブンシートを型の内側に合わせてカットし、敷き詰めておきます。オーブンは180℃で予熱をかけておきます。
  2. レーズン、ドライクランベリー、ドライマンゴーは水気を切って一つのボールに入れ、分量の薄力粉から大さじ1を加え全体にまぶしておきます。
  3. 柔らかくしたバターをボールに入れハンドミキサーで白くもったりするまでよく撹拌します。
  4. グラニュー糖を2~3回に分けて加えてその都度よく撹拌します。
  5. 卵が入ったボールを湯煎にかけ、25~30℃位の温度にしたら2のボールに3回に分けて加え、その都度よく撹拌します。
  6. 全体が混ざってフワッとしてきたら、ふるった薄力粉とBPを加え、ヘラで底から生地を持ち上げる様にしながら全体を混ぜ合わせていきます。ボールを時計回りに少しずつ回しながら50~60回同じ動作を繰り返します。
  7. 粉気がなくなり全体がしっかり混ざったら、2のドライフルーツとくるみを加えて均等に混ぜ合わせます。
  8. スケッパーで型に生地を入れたら台の上にトントンと打ちつけて生地をならし、中央を少し窪ませます。
  9. 180℃のオーブンで45~50分焼成します。
  10. 焼き上がったら型から外してオーブンシートがついたままクーラー上で粗熱をとります。
  11. 触れる位になったらまだ温かいうちに、ラム酒とシロップを合わせ刷毛で全体に塗ります。
  12. アルミホイルで全体を包んで1~2日休ませれば出来上がり。

11233

飯米作りをお願いしている2世帯同居の叔父宅には、好みの厚さにカットして貰えるようそのままパラフィン紙で包んでお土産にしました。

11232_2

我家の飯米をおすそ分けしている老夫婦2人住まいの叔母宅には、お茶飲み友達に勧め易いよう1切れづつ包装したものをお土産に持参したところ…
「あらら~まるでお店で売ってるようだねぇ」と、ご先祖様の霊前に上げられたりしてsweat01

…そこまで喜んでくれて良かったです(アハハ)

帰りにはいつも沢山のお漬物やお餅、果物等々を貰ってしまい、持参したお土産以上にお返しされるのでかえって恐縮してしまうのですが…coldsweats01

« 秋鮭と椎茸の和風ピラフ | トップページ | パンセミナー(17) »

おやつ」カテゴリの記事

日々の事」カテゴリの記事

コメント

ほんと!お店で売ってるような立派なケーキ♪
喜んで貰えて良かったですね。
お日様をいっぱい浴びた新米は美味しそう~。
羨ましいなriceball

☆アヤメさま
田舎の方ではケーキの持ち寄りは珍しいみたい…
毎度仏前に供えられるので生ケーキはお土産にできませ~ん^^;
不作と言われていた今年も、我家のお米は上々でした♪
叔父さんにはホント感謝です。

フルーツケーキは暫く経つと味がぐっとなじんで美味しいのですよね。お見事なケーキを焼かれましたね。しっとりとっても美味しそうです。

saji様家はご自宅用のお米があるのですか~。素晴らしいですね。
養分が行き渡ったお米ってどんなお味がするのかしらぁ。そんな美味しいお米のお味を知っていらっしゃるsaji様お幸せですね。

しっとりとして おいしそうなケーキ 
ほんと お店で売っているようですね
ラッピングも素敵 

お米 新米が 完熟だなんて
ありがたいですね
どんな味なんだろう・・・

☆tottoさま
今回は寝かせるのが短かったですsweat02
ケーキによっては2週間~1ヶ月程寝かせるものもありますものね~

田んぼを引き継いで…ちと大変な事もありますが、
美味しいお米を頂けるのは農家の特権と思って感謝しておりますcoldsweats01

☆のんちゃん様
こちらのラッピング100均なんですよbleah
ケーキ用品の専門店だと脱酸素剤用の袋もあるようですが…
可愛いラッピング用品が沢山あると目移りしますね~。

我家は玄米をその都度精米して頂くのですが、
新米はやっぱり美味しいですねぇ。
ちなみに新米と言えるのは12月末~1月初旬までだそうですdelicious

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516661/50122842

この記事へのトラックバック一覧です: フルーツケーキ:

« 秋鮭と椎茸の和風ピラフ | トップページ | パンセミナー(17) »