2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Counter

  • Total

ビジター

« 「桃の節句」の祝い膳 | トップページ | 牡蠣のオイル漬けと野菜のパスタ(塩味) »

排骨(パーコー)麺

03051

正午を過ぎても私が2FでPCに熱中していると「お昼、ラーメンにする?」と台所で調理を始めた夫。

ここしばらくあっさりした食事が続いていたので、さすがに週末のお昼ともなれば夫がラーメン食べたい!と言うだろうな~と思って生麺とスープはストックしておいたのです。

少し厚めにスライスされた生姜焼き用の豚肉があったので「じゃあ、チャーシューの代わりに排骨(パーコー)にしようか?」と言ったら…超うれしそう~だった(笑)

あの世界の王さんも大好きだという排骨(パーコー)麺
本来は読んで字のごとく、味を付けた骨付き肉を揚げたり煮込んだりしたもので、その味付けはお醤油、カレー粉、五香粉などお店によって色々。

これをラーメンのトッピングにすると、揚げた豚肉の香ばしさとコクがスープに加わってこれがまた美味しいんですよね~pig

03052

排骨(パーコー)麺】(2人分)

(材料)

  • 豚ロース肉(トンカツ用) … 2枚
  • 酒 … 大さじ1
  • しょうゆ … 大さじ1
  • 片栗粉 … 大さじ3
  • 水 … 適宜
  • 揚げ油 … 適宜
  • 生麺(中華用) … 2玉
  • 醤油スープ(市販) … 2袋
  • 熱湯(スープ用) … 表示の必要量を用意
  • もやし … 50g(洗ってサッと茹でておく)
  • 青ネギ … 適宜(小口切り)

※今回は豚スライス(厚め)を2枚重ねて使いました。

(作り方)

  1. バットに酒と醤油を合わせ、豚肉を5~10分浸して下味をつけます。
  2. 1の豚肉は一旦取り出して、残っている漬けダレに片栗粉を加えて混ぜ、更に少しずつ水を加えてトロトロの(肉に絡む)衣を作ります。
  3. フライパンに油を入れて熱し、衣をつけた豚肉を揚げます。
  4. 鍋に湯を沸かして生麺を表示の時間通り茹でます。(この時、麺を茹でる前にもやしをサッと茹でておきます)
  5. 麺が茹で上がったら、丼にスープ(市販)を入れて必要量の熱湯を注ぎ、湯切りした麺を加えます。
  6. 揚げた豚肉を切って、もやし、青ネギと共に麺の上にのせて出来上がり。

※揚げ衣は小麦粉より片栗粉の方がまだスープに浸した時に溶けにくいようです。

*~~*~~*~~*

以前、カレー風味の排骨(パーコー)麺を食べた事がありますが、シンプルな醤油味の排骨(パーコー)の方が醤油ラーメンには合うような気がします。

お腹が減って、ガッツリ食べたい時に…
おいしい排骨(パーコー)麺が家でも手軽に作れますので一度お試しあれwink

↑ランキングに参加しています。ポチッと応援して下さるとウレシイです♪

« 「桃の節句」の祝い膳 | トップページ | 牡蠣のオイル漬けと野菜のパスタ(塩味) »

お料理」カテゴリの記事

コメント

ボリュームいっぱいで美味しそうですね。
だんな様が作り始めてくれて、お肉はご自分で揚げたの?
おうちラーメンて、カレーと同じくらい、それぞれの家の味ですよね。

御主人様がキッチンに立ってくれるなんて
羨ましいです。
こうしてトッピングを工夫すると一段と
ボリュームアップで美味しくなるんですね。
息子が遊びに来た時に参考になりそうです。

☆Lisaさま
お肉の準備は私がして夫が揚げてくれました。
いつも…焼く!とか、揚げる!とか、
調理のメインイベントをやりたがるので丁度良いですわ(笑)
家ラーメンだとスープの塩気も調整できるので
安心して食べられますgood

☆アヤメさま
自分で食べたいものだと率先して作ってくれます(笑)
若い方にはウケると思いますよ~
ぜひ作ってあげて下さい。

なんだか お腹が空いてきました・・・
こんな時間にまずいぞ (^^ゞ
これは がっつり食べたい時にいいですね
ボリュームもあって 次男で試そう(笑)

☆のんちゃん様
薄切り肉でも重ねて唐揚げにすれば出来るので、
チャーシューがない!という時にもイイですよ~delicious

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516661/51041544

この記事へのトラックバック一覧です: 排骨(パーコー)麺:

« 「桃の節句」の祝い膳 | トップページ | 牡蠣のオイル漬けと野菜のパスタ(塩味) »