2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Counter

ビジター

« 五目スープの雑穀畑 | トップページ | ZWILLING(ツヴィリング)の包丁 »

東北六魂祭

16、17日の2日間、東北六県の夏祭りが集結する「東北六魂祭」が行われました。

大震災から4ヶ月、徐々に元気を取り戻しつつある東北の姿を全国に発信し、夏の観光シーズンを前に東北一丸となって弾みをつけようと行われた催しだそうです。

今日は朝からよいお天気だったので、きっと凄い人だろうと思いながらも、せっかくのお祭りなので夫と自転車で行ってみることに…。

07171

今回参加の夏祭りは

  • 青森 → ねぶたまつり
  • 秋田 → 竿燈まつり
  • 盛岡 → さんさ踊り
  • 山形 → 花笠まつり
  • 福島 → わらじまつり
  • 仙台 → 七夕まつり

残念ながら16日夕方~行われる予定だったメインのパレードは予想を遥かに超える人出にねぶたの山車や竿燈が行進できず中止となってしまったもようbearing

せっかく遠くから観に来た方はがっかりした事でしょうね。

それにしても5万人予想がなんと3倍以上の人出だったとか…coldsweats02スゴイ

07172

メイン会場がある市役所前はやはり大混雑sweat01

07173

↑こちらの題字は12歳の書道家によるもの。
これが独学というのだから更に驚きですが、迫力のある見事な文字ですよねーshine

07174

丁度、青森県のねぶたの山車がパレードを終えて移動中でした。
もう終わりかなーと思っていたので見られてよかったぁ。

この後七夕まつり並みの観光客を縫うようにアーケードを通り抜け、なんとかランチにありつき、デパートや雑貨屋さんなどでウィンドウショッピングをして…帰る途中。

テントに収まったねぶた↓を間近で見る事が出来ました。

07175

伊達政宗が荒馬(荒波を見立てた)を治めるシーンをねぶたで表したのだそう…
昼間見ても迫力がありますが、夜に灯のともったねぶたを見てみたかったです。

震災以来、元気がなかった商店街も、観光客で賑わうとやはり活気が出ますよね~。

これから夏まつりのシーズンが到来します。
これを機に全国から観光客が戻って来てくれるとイイのですが…。

« 五目スープの雑穀畑 | トップページ | ZWILLING(ツヴィリング)の包丁 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

東北六魂祭、3倍の人出とは凄いですね。
この連休は新幹線も東北行きは混み合っていました。
東北の観光地にも人々が戻りつつあるのでしょうね。
こちらの旅番組でも東北特集を組むところも多く、私も
また近々東北の名湯へ出掛けたいと思っています。

猛暑の三連休。その後は台風襲来となりそうです。
どうぞ体調を崩されないよう、ご自愛下さい。

東北六魂祭 すごい人だったようで関係者の方たちは
大変だったでしょうね
これを機に活気が戻りますように

京都嵐山でも 東北6県のお店が賑わっているとか
少しでも力になれたらとの企画だといいます

台風の行方が気になります
何処にも被害が出ませんように

ニュースでお祭りの混雑ぶり拝見しました。
元気が出て良かったですネ。
12歳の書道家、ビックリしました。
いい文字です。

台風の影響で凄い雨になりました。
家からは出ないことにしています。

☆quesoさま
久しぶりに賑やかな商店街を歩いて明るい気分になりました。
これを機に観光客が増えてくれるとよいのですが…
涼しくなったら温泉も良いですね、ぜひお越し下さい(^ー^)/

大型台風が来ているようなので通勤の際はお気を付け下さいね。

☆のんちゃん様
全国の皆さんが応援して下さっているので心強いです。
宮城も復興に向かって頑張らなければなりませんね。

台風の影響はどうでしょうか。
風も雨量も尋常じゃなので心配です。
お気をつけて…

☆アヤメさま
12歳であの文字は凄いですよね。
漢字と文字から受けるイメージを合体させているそう…
左利きで上手に筆を操る姿に脱帽しました。

台風の進行が遅いのでくれぐれも気をつけて下さいね。
用事がなければ外出は控えるのが得策です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516661/52236509

この記事へのトラックバック一覧です: 東北六魂祭:

« 五目スープの雑穀畑 | トップページ | ZWILLING(ツヴィリング)の包丁 »