2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Counter

ビジター

« ZWILLING(ツヴィリング)の包丁 | トップページ | 2011年夏季研修会① »

爪痕…

今月の初め、親戚の不幸があって北海道へ行ってきました。
突然だったので飛行機は予約がとれず、多少時間はかかるけどフェリーで往復する事に…。
今年2度目の北海道も、事情が事情だけに楽しむ余裕がなく今回もとんぼ帰りですsweat01

行きは叔父や叔母と一緒だったので1ルームをチャージして皆でワイワイ?

それにしても還暦を過ぎたお叔父様達の年代ってなんであんなに元気なのでしょう。
一晩中話が止まらず結局午前さまで、着く前に私は既にお疲れモードに…( ̄◆ ̄;)
この分じゃ今夜(通夜には親戚一同が集まっている)も夜通し話は尽きないんだろうなー。

叔父と叔母はそのまま倶知安や真狩の親戚巡りをするとの事で、とんぼ帰りの私はのんびり一人船旅ですnotes
帰りはレディース専用のブース内にあるカプセルホテルみたいな個室をチャージしました。

苫小牧⇒仙台は約14時間ですが、いずれも出航は夕刻なので船内で夕食を摂り、ラウンジでTVを見たり、のんびり読書したり…あとは大浴場で疲れをとってベッドに横になれば、2日分の疲れと船のほどほどの揺れがゆりかごのようで即爆睡sleepy(笑)。
目覚めたら朝食を摂って、のんびりコーヒーでも飲んでる間に着いちゃいます。

今まで飛行機でヒュ~~ンと約1時間で行き来していた北海道ですが、休みさえ取れれば船のんびり旅も良いわーと実感しました。

行きの船では行方不明者捜索の応援でしばらく仙台でお仕事されていた北海道県警の方々や千歳駐屯地の自衛隊員の方々とご一緒しました。
帰りの船には、明日から一週間、石巻でボランティアされるという方や山形の親戚の処へさくらんぼの収穫を手伝いに行かれる方などがいて…。

なんか…
北海道からも(他県からも)こんなに応援して貰ってるんだなぁ~と改めて感謝の気持ちが込み上げてきました。
本当にありがたいですm(_ _)m

朝起きると2日ぶりの晴天でした。
07191

朝食後、海風が気持ちよさそうとデッキに出てみると「青空がまぶしい~~」
空と海が一続きになってどこを見渡しても真っ青な景色。

07192

遠くに牡鹿半島が見えます。
私の目の前には陸地まで続く穏やかな海の姿があって、あの日全てを飲み込んだ荒々しい姿は想像すらできません。

時折、倒壊した家のものと思われる角材や、座布団などが波間に漂っているのを見かけてちょっと切ない気持ちになりましたが、応援をしてくれる方々が沢山いるんだから私達も復興に向かって協力していかなくちゃ。

07193

と、仙台港に着いて窓の外を見ると、船が港岸に打ち上げられたままに…。
んー復興はまだまだ遠いんだなぁ(u_u。)

« ZWILLING(ツヴィリング)の包丁 | トップページ | 2011年夏季研修会① »

おでかけ」カテゴリの記事

日々の事」カテゴリの記事

コメント

TVと現実の違いを ぜひこの目で見て感じて
その上での支援をしてくださいと
コロッケさんがおっしゃってました

遠い所にいる私たちには 現実を見ることは出来ないけれど
少しでも元気になってもらえるようにと
あちこちで義捐金活動も参加しています

及ばずながら長男もイギリスでチャリティを続けてくれています

でも思うのは 早く今すぐ欲しい義捐金
皆さんの所に早く届かなくては意味がないのではと言う
歯がゆい気持ちです

フェリーはずいぶん前に乗ってきりですが
今は設備も整っていて 心地よいかも知れませんね

お疲れ様でした

☆のんちゃん様
皆さん同じような事をおっしゃいますね。
現場に立てば自分を取り囲む周りの風景が全てあのような感じですもの…
当然そのような印象をもたれるんだと思います。

震災後、原発事故~放射能や電力不足の問題から
日本全体が薄曇りに覆われたような雰囲気ですよね…
そんな中でも西の方々から東北の物産品を買って頂いたり、
海外でも義捐金を募って頂いたりして本当に感謝しています。

その応援が被災地の皆さんの復興への足掛かりとなるよう、
自治体もいち早く困っている被災者の方々に支給してあげて欲しいです。

*--*--*--*
大きなフェリーでの船旅は揺れも少なくてイイですね。
仙台⇔名古屋も出航しているのでぜひ行ってみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516661/52253266

この記事へのトラックバック一覧です: 爪痕…:

« ZWILLING(ツヴィリング)の包丁 | トップページ | 2011年夏季研修会① »