2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Counter

ビジター

« 蒸籠でふっくら本格栗おこわ | トップページ | 大京都展 in 仙台三越 »

フェルメールからのラブレター展 in 仙台

11041

先月末から宮城県美術館で始まった『フェルメールからのラブレター展

ヨハネス・フェルメールの作品の中から手紙にまつわる代表的な3点をはじめ17世紀のオランダ絵画を紹介する今回の宮城展は、3/11の震災の影響が懸念される中、被災者に感動や喜びを与える事で復興を支援したいという考えから実現したものだそう。

オランダ・米国・アイルランド、各美術館の温かい配慮に心から感謝致しま~すm(_ _)m

さて、今回公開されているフェルメールの3作品は↓こちら

  • 手紙を読む青衣の女」(アムステルダム国立美術館所蔵)
  • 手紙を書く女」(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)
  • 手紙を書く女と召使」(アイルランド・ナショナル・ギャラリー)

中でも「手紙を読む青衣の女」は今春修復を終えたばかりでオランダ国内でもまだ公開されていないとの事…鮮やかによみがえった色彩をいち早く鑑賞できる絶好の機会です。

開催2日目のお昼頃に行ったら、丁度空いていてゆっくり鑑賞する事が出来ましたよ。
開館時に入館した方がお昼で出られたのかしら…(^ー^)v

展示室を何度も何度もぐるぐる見回ってじっくり鑑賞heart04出るのが寂しかったぁ。
いつかフェルメールの作品を巡る旅に出たいですわ。

*~~*~~*~~*

珠玉の作品を堪能した後、ギャラリーショップで…
フェルメール作品のアートプリントや葉書、フェルメールブルー(顔料)の原料であるラピスラズリのアクセサリーなど色々あって迷ったけど、

11042

結局お土産はクッキーとキャラメルワッフル…食い気が買っちゃった(笑)

*~~*~~*~~*

家でコーヒー豆をカリカリしながら、ふと…
ラピスラズリの天然ビーズの買い置きがあったのを思い出してピアスを2点作ってみました。

11043

天然のトルコ石が手軽に手に入らないので、私の誕生石アクセはもっぱらラピスラズリ

普段使いの碧いプチピアスはジーンズに合いそうかな~wink

« 蒸籠でふっくら本格栗おこわ | トップページ | 大京都展 in 仙台三越 »

おでかけ」カテゴリの記事

手作り」カテゴリの記事

コメント

あぁl~行ってきたんですね
すばらしい作品の数々堪能されましたか

ピアス フェルメールブルーのように綺麗です
素敵

☆のんちゃん様
素晴らしい作品の数々に感動の1日でした。
中でもフェルメールは珠玉でしたねぇshine
碧いピアスを見る度…思い出しそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516661/53194808

この記事へのトラックバック一覧です: フェルメールからのラブレター展 in 仙台:

« 蒸籠でふっくら本格栗おこわ | トップページ | 大京都展 in 仙台三越 »