2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Counter

ビジター

« 紅鮭弁当 | トップページ | レース編みと裁縫箱 »

シュトーレン 2011

1220_12121

先週、パン教室のクリスマスフェスティバル(パンコース)で2種類のシュトーレンを教えてもらいました。
沢山のナッツやドライフルーツにマジパン等が入った本格的なものより材料が少な目で手軽に作れるシュトーレンです。

写真↑は1週間待って今日切り分けたものですが、生地はしっとりもっちり、シナモンの香りが効いてとても美味しかったで~す。

1220_12122

作ったのは2種類のシュトーレン。

【クリスト・シュトーレン】(写真上)

キリストのお包みを模した伝統的なシュトーレンですが、アーモンドプードルとカラメル粉末でコクと色味を、シュトーレン用のスパイスミックスで独特の味を香りを…。
あとはドライミックスフルーツとアーモンドスライス、ウォールナッツなど手軽に揃えやすい材料を使っているので気負う事なく作れますね。

【パイリッシュ・ヌス・シュトーレン】(写真下)

シュトーレンと言ってもこちらはシナモンが効いたクルミたっぷりの菓子パン風。
日持ちはしないので、焼いたその日におやつとして頂くという感じです。

*~~*~~*~~*

ドイツで提唱されているシュトーレンは、小麦粉100%に対しバターが30~50%、ドライフルーツやナッツなどの乾燥物は60%以上含まれなければならないのだとか。
これにそぐわないものはシュトーレンと称することが出来ないそうですから、バイリッシュ・ヌスの方は本来シュトーレンとは称せないのでは…∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

1220_12123

教室で焼いた1本分の大きさは上の写真のとおりです。

お持ち帰りは1/2本。
各自アイシングでデコレーションしました。

1220_12125

こんな風にラッピングしてお持ち帰りでした。
クリスマスのお裾分けにしたらきっと喜ばれますよね。

1220_12124

本当は家で本格的なドレスデンシュトーレンを作る予定だったけど、クリストシュトーレンが思いの外美味しかったので、今年はこれでクリスマスを迎えようと思います。

イヴ迄はあと4日…皆さんもよいクリスマスをお迎え下さ~いshine

« 紅鮭弁当 | トップページ | レース編みと裁縫箱 »

パン」カテゴリの記事

コメント

sajiさんは 焼くんだろうなぁ~と思ってましたよ
これがあちこちでお目見えすると
クリスマス近し・・・って感じます
私は美味しいパン屋さんで買ってきます(^^ゞ

☆のんちゃん様
今年は焼こう!と思ってましたが、
パン教室で2種類のシュトーレン?と聞いて
受講してしましました。
丁度食べ頃がクリスマスになるので、
今年はこれでOKする事に(^-^)v
でも…
冷蔵庫にマジパンがあるので来月あたり作るかも(笑)

クリストシュトーレン美味しかったですね♪

そういえば、今年は教室で天然酵母のシュトーレンを販売していました~。
お値段がけっこう高めだったから買わなかったんですが^^;、マジパンが棒状に入ってるタイプですごく美味しいらしいです(^u^)

ラッピングは柊の飾りも付いていたんですか~?
こちらは金のビニタイのみでした^^;
しかも袋がすごーく大きくて使えませんでした^^;
教室によって違いますねぇ~~。
(愚痴ってすみません^^;;)

sajiさんコメントはほんとにほんとにお久しぶりになりました(汗
いつも読み逃げでごめんなさいY(>_<、)Y ヒェェ

さてさてとっても美味しそうなシュトーレン!!!!
私はいつも自己流適当ーな感じで作っているので[壁]_・)チラッ
間違いが一杯だと思います。
私も一度、ちゃんとしたシュトーレン作り習いたいなぁと思ってます(*^m^*) ムフッ

どちらもほんとに美味しそう!
焼き立て翌日1週間後、、、どの時期のシュトーレンが美味しいのかな?

この週末はかなり冷え込みそうです。
sajiさんの所は既に雪景色かな?
楽しいクリスマスをお過ごしくださいね^^

☆suikaさま
へー教室でシュトーレン販売していたんですね。
こちらでは宣伝もされてなかったよ~(^^;
すごく美味しいならちょっと味見してみたい気分です。
ラッピングも教室によって違うんですね。
こちらはリボンと柊の飾りが付いてました。

でもsuikaさんとニャゴさんと一緒に作ったシュトーレンが
一番美味しかったかなぁ(笑)

☆ひな様
いえいえsweat01私こそいつも読み逃げしてますわよ~
すみませ~~ん。
ひなさんも毎年シュトーレンを焼かれるんですね♪
先生曰く3日後位から頂いても良いそうですが、
ナッツやドライフルーツ、バターもたっぷり染み込ませたものは
1週間後位からが食べ頃だそうですよんwink
スライスして毎日ワインと一緒に頂いてます。

ちなみに本場ドイツでは…
クリスマスに限らず年中販売されているそうです(汗

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516661/53530344

この記事へのトラックバック一覧です: シュトーレン 2011:

« 紅鮭弁当 | トップページ | レース編みと裁縫箱 »