2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Counter

ビジター

« 梅シロップとカイボイスンのレードル | トップページ | 肉団子の甘酢あんかけ弁当 »

パン夏季研修2012

06201

今年もパン教室の夏季研修に参加してきました。

6月、7月に1日づつ行われるこの研修は、本年度のパンコースの①~③までを2日間で再確認するというもの。

本日焼いたのは↓この13種類

【午前】

  • イギリスパン(0.75斤)
  • プルマン(0.75斤)
  • バターロール
  • フォカッチャ
  • あんぱん → 帰宅後すぐに食べちゃったので写真なしsweat01
  • うずまきくん
  • ピッツア(試食)
  • スコーン(先生のデモ)

【午後】

  • ブレッチェン
  • ウィンナーロール
  • メロンパン
  • メロンシュクル
  • マングー(特別メニュー)

06202_2

特別メニューの「マングー」は、マンゴーの意。
マンゴーピューレを加えた生地でマンゴーゼリーとマンゴークリームを包み、型に入れて焼いています。
マンゴーピューレをたっぷり使った贅沢なおやつパンですね。

06203

今回は使用する油脂の風味を比較する為、先生が焼いてくれたイギリスパンも試食しました。

使用油脂は写真左がショートニング、右は太白ごま油です。
カサ高はやはりショートニングが勝るようですが、太白ごま油を使っても風味や食感に大差は無い様なので、トランス脂肪酸を気になさる方は太白ごま油で焼いても問題ないと思いました。

家ではトランス脂肪酸フリーのパーム油ショートニングを使っているのですが、HM協会のショートニングもトランス脂肪酸を最小限に抑えたものだし、パンに使用する分量を考えるとそれほど神経質にならずとも…とは思いますけどねsweat02

次回は7/18(水)…今から楽しみです♪

« 梅シロップとカイボイスンのレードル | トップページ | 肉団子の甘酢あんかけ弁当 »

パン」カテゴリの記事

コメント

美味しそうなパンたちですね。

私もパン作りに興味あり、独学で作ってみるもうまくいかなかったので、パン教室に通ってました。

家だと1次発酵がうまくいかなくって、
最近は、もっぱらポンデケージョくらいしか作ってないけど、
メロンパンは得意なパンです。

美味しそうなパンを見て、
また、作ってみようかなぁ~って気持ちになりました。

わお!もう研修受けられたのですね^^!
どのパンもとっても美味しそうです(^u^)
特別メニューはマンゴーのパンなのですねdash
私も7月と8月に受けるので楽しみです♪
ただ、2年ぶりなので、あのスピードについていけるか心配ですcoldsweats01

☆ちょび様
メロンパンお得意なんですね~♪
クッキー生地を作るのでちょっと手間ですけど、
焼き立てメロンパンはとても美味しいですもんね。

美味しいパンを焼くにはやっぱり発酵が大事ですよね。
私も今では発酵器を使っていますが、
以前はお湯をはったボールと発砲スチロールの箱でした。
温度と湿度の調節が難しいので素人にはさらに過酷な状況に…(笑)
文明の利器には勝てませんわ(^^;

☆suikaさま
今年からテキストもA4サイズ&カード式になったり、
1単位(300g)ではなくメニューによって100gだったり…
内容がガラッと変わったんですよーsweat01
ちなみに。。。ほとんどのメニューが手捏ねになるそうです。

参加された皆さんもかなり戸惑い気味のようでしたが、
先生の説明を聞けば…まぁありかなーと(^^;

今までのテキストで慣れている私達には物足りない感じですが、
NEWテキストでスタートする新生徒さんには使いやすいのかも。

7月の研修①が愉しみですね。

夏季研修があったんですね
いろいろ盛りだくさん焼いて
何から食べようかと目移りしそうです
次の研修も楽しみ~!(^^)!

☆のんちゃん様
夏季研修は一般コースを卒業すれば誰でも参加できるので
卒業生が増えると顔ぶれも変わって楽しいです(^ー^)
2回目も朝10時から夕方まで…
ちょっとしたパン屋さんの気分が味わえますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516661/55027976

この記事へのトラックバック一覧です: パン夏季研修2012:

« 梅シロップとカイボイスンのレードル | トップページ | 肉団子の甘酢あんかけ弁当 »