2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

Counter

ビジター

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

和菓子セミナー(10)

03211

今月の和菓子セミナーは春のイベントにもってこいのさくら餅(2種)と塩まんです。

先生曰く、さくら餅=お花見と思っていたらしく、花見の1ヶ月前という事で今月のメニューになったそうな…
でもどうでしょ、ひな祭り=さくら餅だよねぇ。
なので、先月教えて貰えたら更によかったなぁー(^_^;

さくら餅(関東風)

北関東~東北でお馴染み、薄力粉ともち粉の生地に餡を包んださくら餅。
教室オリジナルレシピは味わった事のないモチモチ食感でとても美味しく出来ました。

03212

道明寺(関西風)

関西でさくら餅といったら道明寺…これしかありませんね。
蒸して乾燥した後に細かく砕いたもち粉を、蒸したり茹でたりして作りますが、
今回は色を付けずに桜の花の塩漬けをのせてアクセントにしました。
表面に寒天シロップが塗ってあるので乾燥しにくく、お土産にも使えますね。

03213

塩まん

こちらは寒梅粉という、ついた餅を焼いて粉砕し粒子の細かい粉にしたものを使います。
砂糖や水あめを加えて作る生地と餡、栗を打菓子型に詰めて型打ちしますが、火も使わずに手軽にできてこれが美味しいのです。

03214

実は、もろこしや落雁が大好きな私。
もしかして生もろこしが家で作れるかも…と、打菓子型を注文しちゃいました(^▽^)

さて、我家でも毎年ひな祭りに作っているさくら餅(2種)
今年はそんなこんなでセミナーで教えて貰えるとの事であえて作らなかったのですが、
夫は少し物足りなかったみたい。

「今年はさくら餅食べなかったね。」とちょっと催促?するも、和菓子セミナーで作ると聞いて楽しみに待ってたみたいです(笑)

*~~*~~*~~*

来月は丹後の節句用に「かしわ餅」を作ります。
みそ餡なども作るそうなので今から楽しみですわ。

レモンマーマレード 2013

03131

東北でも国産の完熟レモンが出回り始めました。
となれば、お待ちかね…
毎年恒例のレモンマーマレードを作りますよん(≧m≦)

今回は9つのレモンを使って約1.5kg。
空き瓶に詰めると、小瓶100g×5本、中瓶250g×4本分が出来ました。

03132

↑お裾分け用(100g瓶)

お味見程度の小瓶に詰めたものは、お友達へのお裾分け用。

今年は会社でいつもお世話になっている?(笑)
仲の良いお友達にあげようかな~と…。

03133

作り立てのレモンマーマレードは完熟ならではの爽快な香りと風味が楽しめます。
この美味しさを周りの皆に味わって貰いたくて、お裾分けの小瓶が毎年増量中(笑)

03134

下ごしらえに手間の掛るジャムだけど…
この美味しさに出会いたくてかれこれ十数年、毎年作り続けています。

今年は何回作れるかな♪

*~~*~~*~~*~~*

数年前に「レモンマーマレードの作り方」を掲載しています。
興味のある方は覗いてみて下さい(^ー^)v

・工程写真入りの詳しいレシピはこちら→

・【補足】効率のよいレモンの切り分け方と脱気する際の注意点はこちら→

ハイセミナー(10)

03111

毎月第一月曜日が開催予定日となっているハイセミナーですが、今月は私が公休を取り逃してしまった為、先生が皆さんに変更のお声掛けをして下さいました。

おかげで、無事に10回目のハイセミナーを受講する事が出来てよかったです。
皆さんありがとう~m(_ _)m

*~~*~~*~~*

さて、本日の内容もハイセミナーだけあって中味が濃い~(^ー^)

・フリュイ・エ・ヴァン

こちらは、クリスマスのドレスデンシュトーレンの様に多種のフィリングを赤ワインで漬け込む等、準備と成型に手間の掛る高貴なパンでございました。

しか~し、クープが浅くて上手く開かなかったので、これは家でリベンジしなければ…。

味は滅茶ウマ花◎でした(^¬^)
これ、ワインのおつまみに最高です!

03112

もうひとつは、生地に玄米ならぬ玄麦を入れて焼いたパン。

・種粒のパン

わざわざ玄麦の殻に傷をつけてから水に浸して発芽させて、更に煮て。。。
こちらも下準備に手間のかかる一品。

03113

焼き上がりの香ばしい風味と麦粒のプチプチとした食感が後を引きます。

朝食にぴったりのお食事パン。
こちらはサラダやスープと一緒に頂きま~す♪

ハイセミナーのパンは蒸気注入で焼くが多いのですが、表がパリパリで中がしっとりふわふわ…どれもフランスパンに近い食感でとても美味しいのです。
水を加えても設定温度に達成する時間が3分と、断然早いガスオーブンならでは。

やっぱり欲しくなっちゃいますよねーヽ(*≧ε≦*)φ

アップルシナモンロール

03091

いつもより早めの帰宅をした日。
パンのストックがなかったので久しぶりにオーブンに火を入れました。

イギリスパンを焼こうと小麦粉の袋を開けて計量したところで…
昨年暮れに作った紅玉のジャムとレシピブログのモニターで貰ったシナモンシュガーをここで使ってしまおう!と、アップルシナモンロールも一緒に焼く事にしたよ♪

03092

空焼きしたスライスアーモンドとアイシングをトッピング。
紅玉ジャムでほんのり甘ずっぱいアップルシナモンロールは仕事の合間のおやつに…と、会社のみんなに差し入れです。

今回はフェリシモの「持ち手付クロス」が大活躍。

さて、仕上げ発酵中に夫からイギリスパン⇒プルマンへ変更の要請が…Σ(・ω・ノ)ノ!
丁度型から山が出てきたところだったのでぎゅうぎゅう押し込んでフタを閉めたけど、
山形成型だったので窯伸びが良過ぎたのか角がガシッと直角になりましたsweat01

03093

最近は温度もしっかり表示通りに上がって、調子のよい我家の電気オーブン。
使用8年目にしてやっと慣れてきたのかしら(笑)

この分じゃ、ガスオーブンへの買い替え時期が先になりそうですわ(^_^;

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »