« イタリアンな冷やしうどん | トップページ | 白だし胡麻ドレでキャベツマウンテン »

スイートポテトでgood!

06041

サトー商会(業務用食料品店)店舗前の青空市場でさつま芋が1袋なんと100円w(゚o゚)w
形や大きさはバラバラだったけど3本も入ってた♪

天ぷらでは食べきれそうにないのでスイートポテトを作る事に…

アルミの天板(大)で焼いたので、出来上がり量はスティック状にカット↑が約30本分。
使用した材料は次のとおりです。

【スイートポテト】

(材料)

 ・さつま芋(大) … 3本
 ・くちなしの実 … 1個      (色付用)
 ・砂糖 … 大さじ5~8     (素材の甘さによる)
 ・卵黄 … 1個(生地用)+1個(仕上げの照り用)
 ・生クリーム … 50~80ml   (素材の水分による)
 ・バター … 50g        (生地用)
 ・塩 … 小さじ1/2
 ・クラッカー、サブレ、ビスケット等 … 10~15枚位 (焼き型の大きさによる)
 (今回は日清シスコ「セサミサブレ」を使用)
 ・溶かしバター … 100gのバターを溶かして使用(土台用)
 ・牛乳 … 50cc位

(作り方)

  1. さつま芋は厚めに皮をむいて水に10分~15分晒してアクを抜く。
    くちなしの実を軽く潰してお茶用パックに入れるかガーゼに包むかしておく。
    鍋にさつま芋とかぶる位の水、砂糖(分量の1/2)、くちなしの実を入れて火にかけ芋が軟らかくなるまで茹でる。
  2. 芋に串がスーッと通る位になったらザルに上げて湯を切り、ボールか鍋に移して芋をつぶし、熱いうちに味をみながら砂糖を加えて好みの甘さにする。
  3. 2を裏ごしする。(冷めると裏ごししにくくなるので冷めてしまったら再度温めるとよい
  4. 裏ごしした芋に卵黄を加えてよく混ぜ、更に生クリームとバターを加えて滑らかになるまで全体をよく混ぜる。
  5. サブレを二重にしたビニール袋に入れ麺棒等で叩いて細かく砕き、溶かしバターと温めた牛乳を加えて手でよく揉んで全体をしっとりさせる。
  6. 焼き型天板にオーブンシートを敷き、底に5のサブレを押さえながら敷き込む。
  7. 6の上に4の裏ごし他生地をのせて全体に伸ばし、スケッパー等で表面をならす。
    卵黄1個に水を少々加えたものを表面全体に刷毛で塗り、200℃に予熱したオーブンで約30~40分焼く。
  8. オーブンから取り出し、粗熱が取れたらカットして完成。

06042

ホロッと軟らかな口当たり、セサミサブレのわずかな塩気がポテトの甘さを引き立てます。

うま~~い♪
コーヒー飲みながらついつい2本、3本と手を伸ばしちゃうわ~。

パラフィン紙を切らしていたので、今回はラップでキャンディ包みにしてみたら…
空けるときに苦戦したけど(笑)冷蔵庫で保存するにはGood!(・∀・)イイ!

でもって、思いの外お通じも良くなったのでスイートポテトにしてGood!(正解)だったね♪

« イタリアンな冷やしうどん | トップページ | 白だし胡麻ドレでキャベツマウンテン »

おやつ」カテゴリの記事

手作り」カテゴリの記事

コメント

形にこだわることなく
こんな風に臨機応変
おいしそう~

☆のんちゃんへ
いつもは舟形に成形するんだけど、
今回は量が多かったのでデーンと焼いて
スパスパ切っちゃいました(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516661/59764325

この記事へのトラックバック一覧です: スイートポテトでgood!:

« イタリアンな冷やしうどん | トップページ | 白だし胡麻ドレでキャベツマウンテン »