« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

ビストロ レッドホット(リピ)

数年ぶりの再訪…「レッドホット」
東北学院大学~五橋に抜ける通りの並びにあるビルの1Fにあります。
駐車場がないので、すぐ近くのコインパーキングを利用することに。

022101

開店11:30~ 15分程過ぎていたのですが、
ん?前日に電話で開店の確認をしたのに入り口には「Close」の札が…???

お店の前で何やかんやひと騒ぎした後で夫が扉をノックすると、
控えめのオーナーがそろそろと出てきて「あと3分待って下さ~い」(笑)
どうやら開店準備が少々遅れてしまっていたらしく、ほどなくして入店できました♪

022102

初訪問の時とはメニューが変更されていて、
全てのランチメニューに本日の前菜とライスが付いているとの事。
食べログでちろっと情報を得ていたのでこれも楽しみだったのよね~♪

こちら↓がその前菜の盛合せ

022103

左上は玉ねぎを蒸したのか茹でたのかソテーしたのか…とても甘~くて美味しい。
右上のはコールスローですね。
その下はパテのソースなのかしら…
これもトロトロ玉ねぎをほんのり酸味が効いたソースで和えた感じのもの。
パテのようなのは、それぞれ違う風味3種類。
お肉と筋やら何やら色々な部位が入っているのかプリプリクニュクニュで面白い(≧∇≦)
特に真ん中のブラックペッパーがピリッと効いたのがとっても美味でした♪
これは真昼間からビールが飲みたくなりますね~

メインメニューはこちらからチョイス。

022104

夫は今日のお目当て濃厚カリーから「子羊のキューリー」を、
私はスープカリーから超超おすすめの「あぶり豚」を選びました。

022105
↑あぶり豚のスープカリー 1,500円

ドミグラスソースの様な深い色合いが欧風カリーですね~
このソースは、なんと開店から14年間の兄貴(継ぎ足し)が投入されているらしく…
トロトロに煮込んだ豚バラ肉が超ウマい~~ヽ(*≧ε≦*)φ
人参、じゃが芋、ブロッコリーに茸等、色々な野菜もたっぷり♪

022106

↑子羊のキューリー 1,800円

夫が長年切望していた子羊のキューリー。
濃厚ソースに子羊肉の味わいがしっかり溶け込んでルウ♪これめっちゃ美味しい。
期待通りの味に夫が隣で「美味しい!」を連呼していました(超笑)

インドカリーとは又違う味わいでカレーの主張は控えめ…
でも欧風カレーも良いわ~~☆

仕事の合間にランチに来ていたサラリーマンが、
「とっても美味しかったです。今度は時間のある時にゆっくり楽しみに来ます!」と
はっきりと口にして言ってた。かっこいいわ~

私も「とっても美味しかったですよ~、又来ます。ご馳走様でしたぁ」と言って出た。

実は今回、初回~約4年経っての再訪だったんだよね∑(゚∇゚|||)
夫は今度はまたポークカリーにしよう♪と言ってるし、
食べログで絶賛の濃厚カルボナーラもかなり気になる…

てな訳で「レッドホット」我家の定番ランチ訪問店に加わりそうです。

レッドホット欧風料理 / 五橋駅愛宕橋駅
昼総合点★★★★ 4.0

サロン・デュ・ショコラ と バレンタイン便

02141

毎年バレンタインシーズンに開催されるチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」
例年はお目当てのショコラティエを下調べしてから行っていたのですが…
今年は年に1度の熊野筆イベントのついでに…立ち寄ってみました(笑)

世界より有名ショコラティエのチョコレートが出品されているこの祭典。
昔の義理チョコブームとはだいぶ変わって…もう高級感満載sweat01
とても義理チョコには使えないような高価なものも沢山あります(^^;

そんな中、今年はカカオの味比べをしてみようと、余計な装飾は一切省いたチョコレートの王道(タブレット)を産地別で3種類購入する事に…

苦さが際立つもの、ナッツのようなコクがあるもの、レーズンのような酸味があるもの…
産地でこれほど味が違うのかと、チョコレートの更なる奥深さに感激(笑)

今後のお菓子作りでも、使用するチョコレートを吟味したらまた違った風味が生まれるだろうな~と、改めて興味がわいてきました。

やっぱり、行ってよかったぁ♪

*~~*~~*~~*

実は、今年フェリシモの「幸福のチョコレート バレンタイン便」でオーストリアの「インペリアルトルテ」を注文していたので、「サロン・デュ・ショコラ」はパスするつもりだったの。

それがこちら↓(箱入りのやつ)

02142

もう一方の青い箱のはフランス産の青いチョコ「ケルノンダルドワーズ」☆
ヌガティーヌ(アーモンドやナッツの飴がらめ)をブルーに色付けしたホワイトチョコで覆ってあります。

02143

サクサクっとした食感とやさしい苦み?…面白い♪
チョコレートの風味は抑えめだけどヌガティーヌのホロ苦さが懐かしいべっ甲飴みたい。

やみつきになるわぁ。

これ、(青色は別にして)一度挑戦してみたいな。

02144

こちらが、オーストリア「ホテル・インペリアル」のカフェに伝わるチョコレート菓子「インペリアルトルテ」→ミニサイズ2個が木の箱に入っています。
箱はフックが付いてて小物入れにでも使えそう♪

アーモンド生地とマジパンを何層にも重ねてチョコレートでコーティングしてあって、すごく手が込んでそう。
ミルクチョコレートのやさしい甘さ、アーモンドの香ばしさとサクッとした食感に加えマジパンのむっちりとした食感が一緒になって…なんとも歴史を感じる素朴なお味です(≧m≦)

現代のショコラティエが作ればもっと美味しいチョコレートトルテが出来るかもしれないけど、この素朴で懐かしい風味は独特なのかもね~
且ての「ザッハートルテ」のように、一生に一度は食してみたいと思っていたので、思いが叶いましたわ(笑)

今年は例年よりちょっぴり贅沢しちゃったけど、どちらも美味しくて楽しい♪
我家のHappy Valentine's Day in 2015でした。

きなこ棒 3種

02071

先週のTV番組「にっぽんの…」を見ていたら、
あの「きなこ棒」がニューヨークで日本駄菓子の一位になっていた!(・oノ)ノヘエ~

そこは、きなこを常備している我家。
番組の後に食べたくなって速攻「きなこ棒」を制作shine

夫にも好評だったので、気を良くして(笑)
今回は3種類のきなこ棒を作って会社のみんなに食べてもらいました。

(基本の材料)

・きなこ … 100g
・水あめ … 80g

上記にそれぞれ①黒砂糖、②黒すりゴマ+粉糖を適宜。
③緑色のはきなこ→青ばたきなこにして粉糖を加えてお好みの甘さに…

(作り方)

1.ボールにきなこ、黒砂糖(又は黒すりゴマ)を入れ良く混ぜ合わせます。

2.中心に水あめを入れて縁から1のきなこをまぶして折りたたみます。
 水あめを手に付けないように気を付けながら何度も折りたたみ、ひと塊にします。
 ここでもし、水分が少なくてボロボロになってしまったらレンジで10~20秒チンしましょう。
 水あめが溶けてまとまりやすくなります。

3.めん棒で四角に伸ばし適当な大きさにカット、手のひらで揉むようにして棒状にします。

4.ボールに残ったきなこ(残らなかったら加えて…)をまぶして完成です。

02072_2

思い立って…すぐできる。
なんとも手軽なお菓子ですが、大豆たんぱく=プロテインですから…
高タンパク低カロリー、食物繊維も豊富なので小腹がすいた時につまんでも良し♪

ちなみに…まるく丸めたのも作ってみました。

02073_2

ココア、抹茶、パンプキンパウダー、紫芋パウダーとか…
変わり種きなこ棒になりそうなもの他にも色々。
試してみる価値ありそうですね~(≧m≦)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »