« 羊毛フェルト de 猫ベッド | トップページ | ハウス食品「ザ・ホテル・カレー4種」 »

ホントに「わっぱ」なのか?

120101

最近ある有名な「自然派志向」のお店で…4,000円位の「わっぱ」を新調しました。

わっぱにしてはちょっと安価かな~と思いつつ、
職人さんの手作りの木の器を扱っている店だし、わっぱの説明書にも職人さんが丹精込めて作りました…みたいな記述があったので購入したのです。

が…帰宅して箱を開けてよくみると、一枚の杉板で作ったわっぱではなく、
白木の板でわっぱの様に曲げ木加工し、薄くスライスした杉の板を表面に張り付けたものと分かりました。わっぱの端を縫い止める桜の木の皮も中には通っておらず、表面に絵の様に描かれたものでした。実物を見て買ったのに、中までチェックしなかったよ(ノ_-。)

確かに白木を曲げ木加工したとは思うけど。。。これって「わっぱ」と言えるのか?

使用してみると、蓋や内側にご飯から出た蒸気の水滴が垂れるほど付いていて、
とてもご飯の水分を適度に吸ってくれているとは思えません。
今まで20年程使用していた「わっぱ」はこんな風にはならないんだけどなーsweat01

それにしても、あの…お店がこんなまがい物を売るなんて…いかんよぉ。
もし、外国の方がこれがホントの日本の「わっぱ」と思って買っていたら、
「ちがうよーー(。>0<。)って教えてあげたいくらいだわ。

120102

夫には「ま、いい勉強になったさ。」(本物はそんな値段で買えないよみたいな…)

でも、普通の木のお弁当箱としては十分使えるわけで…(侘)
お稲荷さんとかサンドイッチとか詰めればいいかな~と(^ー^;

実はこれを購入した次の週末、電力ビルで「東北の職人市」みたいなのやってて、
大舘わっぱ5,800円で販売してた。ガックリthink

こんどはじっくり吟味して本物を買うようにします。

« 羊毛フェルト de 猫ベッド | トップページ | ハウス食品「ザ・ホテル・カレー4種」 »

お弁当」カテゴリの記事

買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516661/64582477

この記事へのトラックバック一覧です: ホントに「わっぱ」なのか?:

« 羊毛フェルト de 猫ベッド | トップページ | ハウス食品「ザ・ホテル・カレー4種」 »