カテゴリー「手作り」の106件の記事

おせち 2017

170101

2017年 明けましておめでとうございますm(_ _)m

それにしても時が過ぎるのをこれほど早く感じるのは歳のせいでしょうかねぇ(苦笑)
あまりに早く過ぎるので、ここ数年は年の目標の半分も達成できず歳を越す始末。

今年は欲張らず、まず1つ達成できるように頑張りたいと思います。

*~~*~~*~~*

さて毎回、夫から「今年は簡単でいいよ~」と言われている我家の『おせち』
夫婦だけなので重箱に入れずお皿に盛り付けるだけでいいよ。という事らしいのですが、
中身は同じ種類を作るので、せっかくだもん…お重に詰めましたわよ(^ー^)♪

170106

毎年休みが31日~なので、精肉と魚介の買い出しは大晦日の午前中。
煮豆の仕込み以外はほとんど大晦日の午後から作ります。

中身は我家の定番ものばかりなので、見た目も変わり映えはしませんが、
味の濃さや風味等慣れ親しんだ安心感がありますね。

170102

・栗きんとん
・紅白かまぼこ(市販品)
・伊達巻き
・子持ちニシンとひたし豆
・黒豆
・たたきごぼう
・梅花いくら
・菜の花
・アーモンド田作り

今年の数の子は市販の「子持ちニシン」を使用。
甘酢に漬けてあって美味しいのです。

170103

・スモークサーモンの奉書巻き(スモークサーモン、大根)
・松風焼き(鶏ひき肉)
・牛肉の八幡巻き
・紅白なます(大根、人参)
・鰤の煮付(煮こごりジュレを添えて)
・菊花なます(かぶ)
・海老甘酢

菊花なますの色付けにビーツの甘酢漬けの汁を使用してみたら、ショッキングピンクでびっくりしたw(◎0◎)wワォ

170104

・煮しめ(鶏肉、干しいたけ、竹の子、こんにゃく、ごぼう)
・レンコンの白煮
・梅花にんじん
・高野豆腐の祝結び
・スナップエンドウ
・ユリ根いくら

今年の参の重は盛り沢山過ぎました。
スナップエンドウが少しうるさい感じになっちゃいましたか…。ね

170105

昨年も控えめな更新であったにもかかわらず、皆さんちょくちょく遊びにきて下さって本当にありがとうございます。
自身の手作りブログというより、モニターブログと化してしまった感大ありですが(笑)
頂いたものはしっかり吟味して皆さんにお伝えできれば…と思っております。

加えて今年はまたニャンずネタをUPupしたいと思いますので、猫ちゃん好きの方に楽しんでいただけたら幸いです♪

てな訳で、今年もよろしくお願い致します。

羊毛フェルト de 猫ベッド

111301

羊毛フェルトで猫ベッドを作ってみた。

作り方は、まず作りたい大きさの1.5倍位の型紙をつくり、
型の上に①羊毛を薄くちぎって広げて②石鹸水をかける。③ひっくり返す。
①②③を表面で各3回、計6回行い、裏面もう同様にする。
羊毛を全て広げ終わり、石鹸水をかけたら、ビニール手袋に石鹸を付けて表面をこする。
ただひたすらこすります(笑)
指で各所をつまんでフェルト化していたら完成。なのですが…
ここまでで、朝起きてから4時間はかかりましたsweat01

111308

更に、入口用の穴をあけてひっくり返し、今度は表になる面をフェルト化する為、
またもやひたすらこする、こする(^^;

最後はぬるま湯でよく洗って石鹸を落とし、脱水にかけます。
その後、バスタオル等を詰めて形を整えながらアイロンやドライヤーで乾かします。

途中から暗くなってきたので写真を撮れず…
この後はもし2個めを作ったらUPしますね~(汗)

我家のにゃんずは、いつもこんな↓風に仲良く寝ているので…

111307_2

2匹で入れるようにと少し大きめのを作るつもりではいたけれど、
これはかなり大きかったかも( ̄◆ ̄;)

洗いの時にそれほど縮まなかったので…

*~~*~~*~~*

真っ先に、そらが確認してくれました(笑)

111302

どう?

111303

イイ感じ?(笑)

111304

のんもやって来た。

111306

一緒に入っても余裕だね。

111305

お休み~~♪

入ってくれて作者も一安心、よかった~(^ー^)v

梅シロップ 2016

070121

我家の梅しごと。
今年はなんと立派な青梅を頂いちゃいました♪

070122

楊枝でへたを取って流水で洗い…ここから我家は螺旋状に皮を剥きます( ̄ー ̄)ニヤリ
あとは焼酎で洗った保存瓶に梅と氷砂糖を交互に入れて数日漬けるだけ。

※皮を剥くと梅エキスが短時間でしっかり出ますが、シロップ液が多少濁ります。
 クリアなシロップの方が(・∀・)イイ!という場合は、皮を剥かず冷凍するのがおすすめ。

070123

3~4日でもう梅がしわしわ~~~(笑)
梅シロップを瓶に詰め直して冷蔵庫で保存。

シロップ漬けの瓶に入り切らなかった梅で梅酒も作ってました(^^)
お楽しみが2倍です♪

生キャラメル

11301

前回ラムネをリクエストされた同僚より…、
どうやら今度は娘さんから生キャラメルをせがまれているという。

生キャラメルといえば…生クリーム、砂糖、バターに水あめとかハチミツとか…
なんだか家にあるもので出来そうなので、ちと作ってみた。

11302

生キャラメル 1粒(15mm×15mm×H15mm)×36個分

(材料)

  • バター … 50g
  • 砂糖 … 100g
  • 水あめ … 大さじ1
  • 水 … 大さじ1
  • 生クリーム(動物性) … 100cc
※10mm×13mm位のバットがあればオーブンペーパーを敷いてスタンバイ。
きっちり生地を無駄なく使いきりたい場合は、
オーブンペーパーで90mm×90mm×H25mmのボックスを作ってスタンバイ。
 
(作り方)
  1. 鍋にバター、砂糖、水あめ、水を入れて弱火にかけます。
  2. バターが溶けて全体がフツフツとなってくるので時々木べらで混ぜながら7~8分。
  3. 生クリームをレンジに20秒位かけて人肌に温め2に一気に加えます。
  4. 泡がブワーっと上がってきますがすぐ落ち着くので慌てずに待って、泡が引いたら再び木べらで混ぜながら全体にトロみが付くまで煮詰めます。
  5. 木べらで混ぜた時、鍋底が見えるようになってきたら一旦火を止めます。
  6. 水を入れたボールに生地をちょっと落としてみて、底に落ちた生地が形のまま指にのるようなら完成。(底に落ちず表面で溶けてしまったらもう少し煮詰めます)
  7. 6をオーブンペーパーを敷いたバットに一気に流し入れ表面をならします。この時、鍋肌に付着した少しの生地をこそげて流し入れるのはお勧めしません。(水分の少ない生地なので乗せた部分が冷めるとジャリジャリとした感じになります)
    残ったらミルクを加えてホットミルクにして飲んだ方が美味しいです♪
  8. 7の粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やします。
  9. しっかり固まったら切り分けてオープンペーパーで包みます。
※火にかける時間でクリーミー~ハードまで食感を調節できます。
※火加減によってミルキー~ビターまで風味を調節できます。
 
ミルキー&クリーミーが好み→弱火で煮詰めて早めに6の工程で硬さを確認しましょう。
ビター&ハードが好み→弱めの中火で煮詰めて濃い色になったら弱火で水分を飛ばします。
前回はビター&クリーミーな生キャラメルを作りました。
口に入れるとスーッとトロけてめちゃ美味しかったけど、お裾分けには不向きだった。
保冷材くっつけとかないとすぐ溶けちゃうsweat01
で、今回はミルキー&ハードにしてみたよ。
 
夫は↑こっちのほうが好きなようです。
卓球の後で甘いもの食べたら疲れが和らぐ…と言ってました(^ー^)♪
 
キャラメルは滋養強壮にGood!だから仕事合間の脳に栄養補給になるかもね。

11303

ナッツ、ココア、コーヒー、抹茶、苺粉末などを加えるとバリエーションも増えます。
色々作ると面白い…暇な時また作ってみます。

ラムネボール 改良

11151

先日、本家本元イコマ製菓さんの「レインボーラムネ」を味見する機会に恵まれた私♪
しっかりした酸味と桃の香りがなんとも言えず、ん~これ美味しい(^ー^)☆

ラムネはこれくらいはっきりした味なんだ~と改めて確認したので、
レシピを改良する事にしました。

改良したレシピは→こちら

11153

口に含むとこれぞラムネ!って感じの酸味が広がります。
さすがに桃の香料は手に入らないので、今回はブルーベリーのコンポート液を使用。
香りはほんのりではありますが天然素材なのでOKとします。

今度は桃缶をピューレにして加えたらどうかなー等と思考を巡らせているところ…

11152

只今、乾燥中…
もう少し表面がカリッとなったら食べごろ。

やはり本物を食べてみるって大事なんだなぁ。
本当の味を知って一気に視野が広がった感じがしました。

豆大福 いっぱい♪

11112

またまた大福ですが…。

夫の卓球クラブでランチ付きのクラブ内対抗試合があったので、
おやつに豆大福を持たせてあげました。
先日リクエストがあったクラブです☆

参加人数は20~30人。
いや30はいかないかな~と言うけど…むむ30個は作らねばsweat01

実はこの為に先日「赤えんどう豆」を調達してきたのです(笑)
前日シャトルシェフで茹でてスタンバイ。
餡は市販のこし餡を使いましたが鍋で火を入れて少々塩を加えて風味UPup
餅生地を仕上げる時にも砂糖湯を加えて保水力UPup

突きたてお餅のむちっとした食感に赤えんどう豆の歯ごたえと塩気、
甘い餡の調和が何ともいえな~い♪
豆大福…ウマし(^¬^)

前回よりも上手くできたかな。
やっぱり何度も繰り返し作らないと上手くならないねー。

11111

会社から貰ってきておいたお菓子の空き箱。
1箱に3個×5列でなんとピッタリ15個入ったよ(≧∇≦)
2箱に30個詰めて…かなりずっしり(笑)

今回は餅米8合と1kgの餡(1個あたり30g)で合計32個完成。
お餅は少し余ったのでそのまま丸餅にして砂糖醤油に付けて食べました♪

ちなみに大福は梱包しておけば2日まではそのまま軟らかく食せます。
3日目は表面が少し硬くなるのでレンジで20秒位チンして…。
その後はフライパンで焼くとか…それはそれで美味しいです。

餅菓子2種

11021

夫が田舎へ…
知人から頼まれたお米を受取に行くというのでお土産に餅菓子を作りました。

毎年みやこがね(もち米)を頂くので、それを使った餅菓子をという訳♪
今年は大福とくるみ入りバター餅の2種類です。

11022

バター餅は突いたお餅に砂糖、バター、卵黄と炒ったクルミを入れて。
熱々の時は甘く感じたけど、冷めてみたらちょっと甘味が足りなかったみたい…。
作る過程では少し甘すぎ?と思う位砂糖を入れた方が良いとわかりました( ̄◆ ̄;)

11023
大福は冷凍していた小豆餡を使いました。
手作りの餡はやっぱり美味しい♪
赤えんどう豆のストックがなかったので豆大福は次回だね。

今回新米の「みやこがね」を頂いてきたので、年末のお供え餅の準備もバッチリ(笑)

夫の卓球仲間からも「大福食べたい!」とリクエストされているので、
又頑張って作りますよ~。

今回もバター餅は3~4日、大福も2日は軟らかさを保って美味しく頂きました。
※お餅を軟らかく保つ方法は→こちら

アーモンドの実から

100301

夫が卓球仲間からアーモンドの実から採れた種を頂いてきましたw(◎o◎)wワォ!

モモ科のアーモンドは薄いピンクの花が観賞用として人気らしく、花を楽しみに育てているもののアーモンドを採って食する…事は考えていないみたい。

いったいどの部分がアーモンドなのか…という事で、ペンチで割ってみました!

中から出てきたのがこれ↑見慣れた「アーモンド」♪
食用に育てている訳ではないので少し薄っぺらい感じです。

殻はクルミ程は硬くなかったけど、やっぱり専用の道具が欲しいところでしたね(^ー^;

100302

オーブンで乾煎りする事約15分、少しぷっくら膨らんだ感じがしました。
少しだけどアマンドショコラでも作ってみようかな。

とりあえず、中身がこんなだったよ…と報告したいらしいので、
次の卓球に夫が持っていくそうです(笑)

和栗のチョコレート

092611

夫の知人にこの間作ったぶどうのコンフィチュールと手前味噌2種をお裾分けしたら…。
な・な・なんと奥様お手製『和栗のペースト』がやってきましたヽ(*≧ε≦*)φワーイ

なんでもお手製の品に奮起されたとの事で、これがまた美味しいペーストなのですよ。

092612

こんなにたっぷり頂いちゃって☆超ウレシイ(^▽^)♪

さて、どう食す?
パンに塗ってもいいけど…いやいやもったいないでしょ、などと思い巡らせながら、
お手製→で、お手製→で、また何を作ろうか考えてました。

お手製コラボ(笑)

モンブランは絶対外せないなぁ~
b(◎o◎)ピン!…思い立っちゃった。

マロンチョコレート作ろ♪
和栗ペーストにラム酒を少々加えてフィリングにしたら美味しいよ。。。きっと。

092613

製菓用のスイートチョコレートをザクザクっと刻んで60℃位の湯煎で溶かすよ。
まずはチョコレートの温度を50℃位まで上げて…今度は冷水で冷やしま~す(冷煎?)
27℃位になったら、今度は2秒程湯煎にかけて30℃位に…テンパリング終了。

テンパリングしたチョコレートをIKEAのチョコレートモールド(3枚入)に流し入れ、少し置いてから余分なチョコレートをボールに戻します。
モールドの縁にチョコレートが付いた状態で固まったら、栗のペーストを絞り袋に入れて詰めます。

残りのチョコレートはこの時点で固まってしまっているので、再度テンパリングを行ってから蓋をするように流し入れます。

しっかり固まったら型から出して完成♪

092614

↑表面が結露してますが…sweat01
(手でつまんでも溶けてしまう程だったので冷蔵庫で冷やしていました)
滑らかな口溶けで和栗の風味がたまらない秋味のチョコレート出来ました。

い○○たさんの奥様、美味しい和栗のペーストごちそうさまでした~m(_ _)m
大事にいただきま~す。

ラムネボール

09097

先日同僚から娘さんからのリクエストという事で「ラムネ」のレシピを尋ねられたのですが、自分では作った事がなかったので、参考にするなら「グレーテルのかまど」か「クックパッド」かなぁ~と…。

言った手前、どんなものが出来上がるか心配になり作ってみる事に…c(>ω<)ゞ

まず「グレーテルのかまど」のレシピは粉ゼラチンなど揃える材料が多く、干菓子の型を準備するのは一般にはハードルが高いので止めて。。。
クックパッドの中に手軽そうなのがあったので参考にして作ってみました。

形も可愛らしくて美味しいラムネができたので、まずはクックパッド参考でgood(笑)

ですが…自分としてはもう少し酸味とシュワシュワ感が欲しかったので、
クエン酸の分量と、材料を加える工程を工夫してみたよσ(^ー^)

09091

【ラムネボール】(軽量スプーン小さじ1/3×2で作る場合-15個分)

(材料)

  • シュガーパウダー ・・・ 50g
  • コーンスターチ ・・・ 10g
  • レモン汁 ・・・ 小さじ1/2
  • クエン酸 ・・・ 小さじ1/2 →小さじ 1
  • タンサン(重曹) ・・・ 小さじ1/2
  • ジャム(いちご、ブルーベリー等) … 小さじ1/4
  • 水 ・・・ 小さじ1/2
  • 色素(青・赤等) ・・・ つまようじの先で少しすくう位

09092_2

(作り方)

  1. ボールにパウダーシュガーとコースターチ入れてよく混ぜる。
  2. レモン汁を加え手を擦り合わせるようにして水分を粉全体に均一に回す。
  3. 別の容器に水を入れ色素を加えてよく溶き混ぜておく。
  4. 2のボールにクエン酸とタンサンを加えよく混ぜる。
  5. ジャムと3の色素を加えてすぐに全体を混ぜ、更に手を擦り合わせるようにして色ムラがなくなるようによく混ぜ合わせる。
  6. 一見サラサラだけど、手で握ると握った形に固まる状態がベスト。
  7. 軽量スプーン(小さじ1/3)2つに粉をギュッと詰めてそれぞれを合わせてギューっと押し付けると丸い形が出来上がり。
  8. バットに出して1日~3日位乾燥させたら完成。(半日位だと半生食感…これはこれで美味しい♪)

※1でクエン酸とタンサン(重曹)を加えてしまうと、レモン汁を加えた時に発泡してしまい出来上がりのシュワシュワ感が減ってしまうので、シュガー類とレモン汁を混ぜ合せてから4の段階で加えた方が途中で発砲しにくいみたいです。

09093

→6.でうまく固まらなかったら水を足して…。
全体がサラサラではなくゴロゴロ塊があるようならパウダーシュガーを足して調節します。

09094

今回、ボールの型に使った軽量スプーンはダイソーで購入。
大さじ、大さじ1/2、小さじ、小さじ1/2、1/3、1/4と6種類も付いてるの。

09096

形がちょうど半円形なので2つ合わせると真ん丸になるのがGood!だよ~(・∀・)イイ!

09095

ブルーは最初にクックパッドのレシピで作ったものですっきりレモン味。
他はクエン酸を多目にして加える工程を変えたもの。
レッドは苺ジャムを加えてみたところほんのり苺の香りがするラムネが出来ました♪
気を良くしてパープルにはブルーベリージャムを加えてみたよ。

口に入れるとシュワシュワ~~っと爽やかな酸味でスーッと溶ける。
懐かしい、やさしい味(^¬^)☆

レインボーカラーで作るなら…

①赤→苺ジャム
②橙→あんずジャム
③黄→レモン
④緑→メロンシロップか抹茶
⑤青→ブルーハワイシロップ
⑥藍は難しいので白にして→クエン酸のみでシンプルに
⑦紫→ブルーベリージャム

カラフルなラムネはお裾分けしたらとても喜ばれそうですね。

色素はほんのちょっとしか加えずとも結構色が出ますので加えすぎには注意して。
色素を使わないで作るのもシンプルでイイです。
濃い色のジャムやかき氷シロップなら色素なしでも淡い色合いは出るかもしれません。

*~~*~~*~~*

そういえば、このレシピどこかでみたような…とよくよく考えてみたら
粉砂糖がなければバスボムだよね(笑)

ついでに、バスボムのレシピもご紹介。

【バスボム】 お風呂1回分

(材料)

  • 重曹 ・・・ 100g
  • クエン酸 ・・・ 50g
  • コーンスターチ(片栗粉でもOK) ・・・ 30g
  • 水かエッセンシャルオイル ・・・ 小さじ1/2
  • エタノール ・・・ 小さじ1/2
  • グリセリン ・・・ 小さじ1

(作り方)

  1. ボールに重曹とクエン酸、コーンスターチを入れて混ぜる
  2. 水又はエッセンシャルオイル、エタノール、グリセリンを小さなスプレーに入れる。
  3. 1のボールに2を少しずつスプレーしながら混ぜ、手で握って固まる位まで加える。
  4. プリン型(あればガチャポンの容器)に詰めて取り出して乾かせば完成。

ちなみに乾かさなくてもすぐに使えます。

それと、水分を多く入れ過ぎると出来上がったあとも発泡が進んでしまいだんだん形がくずれてしまうので水分の入れ過ぎには注意して下さい。

より以前の記事一覧